目の下のくま、たるみ解消はあやべビューティークリニック福岡。九州で唯一の「切らない目の下の若返り」専門クリニックです。

サイトマップ

くま・たるみの原因

①目のまわりの血液のうっ滞・色素沈着

長時間にわたる目の酷使・疲れにより血液の循環が悪くなったり、睡眠 不足や疲労、ストレスなどが原因となり血液のうっ滞がおこります。 疲れていると、血液は脳の疲労回復を優先するため、顔に回る血液の量が減ってしまいます。血行が悪くなる事で、血液は酸素不足から黒くなり顔の色がくすんできます。
特に目のまわりは皮膚が薄いため、血液が滞ったときの変化が表れやすく目立ちやすいのです。女性では月経時にくまがみられることもあり、 解消には血液循環を改善し体の内側からのケアが必要です。
また摩擦による皮膚の色素沈着も、目の下をより黒く見せてしまい症状を悪化させている要因のひとつといえます。

②脂肪による目の下の膨らみ

目の下の脂肪が落ち、膨れる事でたるみやくまが出来ます。
皮膚の溝は暗い影となり全体的にくまは目立つようになります。

③加齢による目の下・頬上の脂肪下垂又は皮膚の張り低下

加齢により目の下の皮膚がたるみ、全体的に下垂また脂肪が落ちてくる事でくまやたるみとなります。
眼球を支えているじん帯は加齢によって緩む為、影ぐまの程度は年齢に比例すると考えられますが、じん帯が緩む程度や脂肪の量には個人差があるので幼少期から影ぐま症状が出る場合もあれば、高齢でもほとんど影ぐま症状が出ない方もいらっしゃいます。
また頬上の脂肪が少なくなる原因は骨格も大きな要因のひとつといえます。
頬上の脂肪が足りないと目の下と頬の境目の溝が深くなり、影が濃くなり目の下のくま・たるみ目立ちやすくなります。
モニター募集 お問い合わせ メール相談 メールご予約

ページトップへ

5つの安心ポイント
CRF

その他の若返り治療

綾部院長 プロフィール

綾部院長あやべビューティークリニック福岡
院長 綾部 誠
プロフィール
平成元年
東京医科大学卒業
平成元年~平成3年
久留米大学病院 形成外科勤務
平成3年~平成4年
国立病院九州がんセンター勤務
平成4年~平成6年
久留米大学病院 形成外科勤務
平成6年~平成9年
大手美容外科勤務
平成9年~平成28年
福岡三井中央クリニック開設 
院長に就任
平成29年~
福岡三井中央クリニックから
「あやべビューティークリニック
福岡」へ院名変更
主な所属・資格
日本形成外科学会正会員/日本美容外科学会員/日本医学脱毛学会会員/日本レーザー治学会正会員/ 日本美容皮膚科学会会員/NR(国立健康・栄養研究所指定 栄養情報担当者)資格保持
院長